コーチングについて

目次

コーチングについて

コーチングの歴史

コーチングとは1990年代のアメリカのスポーツ界、ビジネス界を中心に発展したクライアントが目標達成をするための手段です。2000年前後にはイギリス、スペイン、ブラジルなど世界中の国々にもコーチング技術が広まっていきました。

さらにコーチングはビジネスだけでなく価値観や目標を扱って人間の持つ強みを生かしていくようになります。

質問を使った対話方式

コーチングでは『答えはあなたの中にある』と考えます。

その答えを引き出すためにコーチは共感しながら話を聴いたり、アイデアが出やすいように色々な角度から質問をします。

質問を使った対話方式で、クライアントへの自発的行動を促せるようなサポートにより自分の内面と対話をすることで思考・感情・行動を整理できて課題の解決や目標達成のためのアイデアや価値観が見つかるようになります。

コーチの特徴

コーチングのコーチは、世間一般で思われるようなスポーツのコーチのように指導したり、相手をコントロールする立場ではありません。

コーチングコーチの特徴は教えるのではなく、質問というコミュニケーションを通してクライアントが持つストーリーを聴き、感情を聴いて、これからどうなっていきたいかという理想への自己実現を促進させるような存在です。

クライアントが持つ可能性を最大限に引き出す

もしくはなりたい自分の姿へと高められるように、そばでサポートや支援をしていくのがコーチとしての役割です。

最初の小さな一歩を自らで考えてもらい、自分らしい人生をイキイキと歩めるようにコーチは寄り添ってサポートをします。

目次
閉じる