92話 自分にあった1週間のセッション回数とは?実験してみました

1週間のコーチングセッション数を1回、5回と極端な数字にしてみた結果

週5回は睡眠時間を削り家族との時間も削っている。しかしコーチングにフォーカスが向くから勉強は捗る

週1回は睡眠時間と仕事を終えた後の時間にゆとりができる

それに家族と過ごせる時間が増えたのは嬉しい。

でもコーチングトレーニングに物足りなさを感じました。

ちょうど良いのは週2-3回かな。

コーチングへの意識をキープしつつ、家族との時間を過ごせるとちょうど良い数字

目次

週1回にしたらどうなった?

コーチングへの意識を保つために1人でもできるコーチングに関するトレーニング方法を開発。

テーマを用意してマインドマップ×質問を使って、具体的に明確化。

他者の視点を取り入れたり、テーマが叶った後の状態にしてさらに未来を探索したり。

よりよくトレーニング方法が進化したと感じました。

週5回にしたらどうなった?

とにかく忙しい。

仕事を終えて、夕飯を食べたら、コーチングセッションへ!

自由に使える時間が少なくなりました。

仕事や家庭で必要な買い物が出来なくなる。

などのデメリットを感じましたが、とにかくコーチングにフォーカスが向くのでバチバチにコーチング技術を求める自分がいました

他には?

マインドマップを多用するようになり、思考整理が捗るようになりました。

おかげでブログを発信する回数が増えていて、ブログに関するゴール設定も作れました。

少しでも自分の成長を発信していく。

今日はこんなことを学んだ!

とか

コーチングに関する気づきがあった!

とか

ですね。

これからも少しずつながらもコーチングジャーニーを通じて発信していきまーす♪

ここまでお読みいただきありがとうございます♪

次回もお楽しみに♪

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

YUTAコーチ、二児の父、1984年生まれ。2019年12月にコーチ資格を取得/2021年3月にメンタル心理カウンセラー資格を取得。2020年2月から100人コーチングに挑戦開始、進捗はゆっくりながらも2021年5月86名様98回セッションを達成。趣味はスポーツ。養神館合気道四段、柔道初段、レスリング、ZUMBAダンスなど体を動かして、毎日を楽しんでいます!

コメント

コメントする

目次
閉じる