コーチングを学んでいて良かった瞬間がありました。

変化していく自分

コーチングという言葉を知って4年。

学んできて良かったと思える最高の日です。

10分間セッション

7:50起床 私が目が覚めた瞬間から奥さんと長男ちゃんが会話をしていて、どうやら内容が明るくはなさそう。

ガバッと体を起こして、眠いながらも長男ちゃんの元へ。

少しの時間でも良いからと思い、長男ちゃんと会話。

内容としては、明確な理由はなくて曖昧だけどマイナスな感情が心を占めている。

私は長男ちゃんに不安を薄めるためのコーチングをして、その後に不安じゃなくなる未来プラスの行動を探索していきました。

親として自分の持てる能力を惜しみなく家族のために発揮したい!

長男ちゃんにはなるべくプラスの心で学校に行ってもらいたいのです。

例え10分、15分の短時間コーチング、カウンセリングでも子供には明るい心の状態になって欲しいものなのです。

短い時間ながらも心の不安を少し取り除けました。

帰宅後、さらに話を聴く

長男ちゃんなりに抱えているものがあるんです。

しっかりと聴きます。

以前の私なら武道パパが出てきて強引な展開になったと思います。

今の私なら長男ちゃんの不安に寄り添って聴いていく。

不器用ながらも自分が学んできた事を家族に役立てる。

そして話を聴いていく内に長男ちゃんなりの良い状態になれるゴールが見つかり、やってみる事へ。

新型コロナ:大人だって変化に対応するのは難しい

新型コロナの影響で卒業式も入学式も普段の生活もめちゃくちゃになっています。

思春期の子ども達にもとんでもない影響を与えているはずなんです。

それが不安にもつながって、うまく言葉にできないんですよね。

自分にできることは学んできたものを最高の状態で長男ちゃんに役立てる。

お父さんとして最高のサポートができるように、私なりにできる事を探していき、しっかりとこなしていきます。

これからのYUTAコーチ

はっきり言うと私は自分の父と会話した記憶がほとんどありません。

父は父で自分の問題を抱えていて余裕がなかったんだと思います

父との触れ合いが幼少期から少なすぎて[父親]というのがどういう存在なのかもわかっていません。

私にできる事は自分のお父さんがこうだったら良いなというイメージを作り出して、そこに近づけていくだけ。

私にとって家族は大切なもの。

家族にも役立つものだから頑張れる。

私だけが最高になるよりも、家族全員で最高へ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました