相手の視点に立って、自分を観察してみる。発見がある!

スキルと活用方法

相手がどう思っているのか、相手の視点から疑似体験してみる。

他者の視点に立ち、自分を見つめて、感じて、探索していく

どう思われているか?

どうしてそう思っているんだろうか?

だとしたら何ができるか?

行動やアクションを決めていく。

・・・・・

どうも、YUTAコーチ(@iamyutacom)です!

一家に一人のコーチを育てる楽しい仕組みを考えて活動しています♪

お父さん、お母さん、子供達、誰もがコーチングを使えるようにしたい!という野望があり、拙い文章力ながらもコーチングをつづります。

疑似体験から感じること

他者の視点から自分を見る

例えばAさんがBさんの視点に立ってAさん自身を見つめてみたらどうなるか。

Aさんの行動に対してBさんの視点から見ると・・・

  • 人の意見を聴いてほしい
  • 準軟性が足りない
  • 行動力がすごい
  • すぐに人と仲良くなれる
  • 場を盛り上げてくれる

などなど他者の視点を通して、自分自信を見つめ直すとどんな行動や感情が存在するのか探索していきます。

いかがでしょうか、実際にはBさんがそう思っていなくてもAさん自身がBさんの視点から自分を見つめていくと、なんとなく思っていることが色々と出てきます。

強みと弱み

人の意見を聴いてほしい・・からもっと聴くようにしよう

すぐに人と仲良くなれる・・から交友関係を広げて行こう

いくつか出てきた答えをもしも強みと弱みに分けるとしたらどうでしょう。

弱みを改善して強みへ、強みを活かしてさらに良いものにする

などの行動も選択できます。

これからのYUTAコーチ

今回は他者の視点を利用して自分を見る方法を紹介しました。

例えば私が奥さんの視点で自分を見つめたらどう思うか?

  • 母の日、子供の日とかにもっと興味を持ってほしい
  • もっと家族でディズニーランドに行きたい
  • すごく優しい
  • 子供のように遊んでいる
  • 怪我には気をつけてほしい
  • ちゃんとベッドで寝てほしい
  • 一緒にお酒を飲んでほしい
  • 子供のように笑うね
  • 買い物の袋を持ってくれる

上記のように、いくつかの答えが書き出せます。

私は母の日への意識が弱いから花を購入して送るのも良いなとか、良いところ今後も続けて行こうという気持ちになります。

そしていつまでに改善するのかを決めていき行動に移していきます。

5月中に【今年は新型コロナの影響がありディズニーランドには行けない。だけど来年はディズニーで入学祝いの想いも込めて最高に楽しもう!】と奥さんに伝える、などですね。

奥さんの視点だけではなくて、他には子供達の視点、友達の視点で自分を見つめる。

ほんの数分でも良いから他者の視点になってみると発見があるかも?!

参考にしてみてね♪

ここまでお読みいただきありがとうございます♪

次回のコーチングジャーニーをお楽しみに!

コメント

タイトルとURLをコピーしました