シンプルなセルフコーチングトレーニングの方法

セルフコーチング 変化していく自分

初めてコーチングという言葉を知ったのが2016年。

2020年の今はセルフコーチングもできるようになり、年々その方法が進化しています。

今回は実際にクライアントを相手にしてコーチングをするようになった事でセルフコーチングにも変化ありました。

記事ではYUTAコーチのセルフコーチング方法をご紹介します。

  1. ノートを用意しておく
  2. 独り言でつぶやき、コーチとクライアントを入れ替えながら進める
  3. コーチの質問は具体的でなくても良い

ルールっぽいものは以上の3つだけ

どうやってセルフコーチングをするの?

リラックスできる環境で自問自答していくシンプルな方法です。

用意するものは・・・

  • 椅子(イメージでもOK)を2個
  • すぐ書けるように目の前にノート

以上の2点があれば良いと思います。

椅子については、目を閉じてコーチ役の自分とクライアント役の自分を作り出せるのなら・・・いらないっす

時間については10分〜15分と決めておく。

15分でスパッと終了させる。

YUTAコーチのセルフコーチングの結果として出た時間が10分〜15分

毎日、続けたいと思ったらこれぐらいの時間が自分にはちょうど良い

セルフコーチングをしていくとサクサクと進む事もあれば、止まる事もある。

どちらの情報も『アッ!そうかッ!』と思ったような事をノートに書いていく。

特別に深堀りしなくても良いです。

自分にコーチングをするように話しやすい環境を作っていくだけ。

大事なのは話しやすい環境を作る

話が止まるようなら今回はここを攻めなくても良いかな、と別の話の展開を進めてみよう。

どうしてセルフコーチングをするの?

自分の進みたい方向や抱えている悩みと向かい合うためにします。

良いポイントは自分の思考の整理力が徐々に高まります。

一言でいえばドラゴンクエストのステータスチェックみたいな感じです。

いま、自分はどんな状況なのかな?

って簡単に調べるだけ。

週に1回でも自分の現状をチェックしておく。

すると自分が何に向かっていて、何が必要で、何をどうしたいのか?

何で好調なのか?

何で停滞感があるのか?

ぼんやりとしている感情を少し具体的にしておく

すると好調になれる為の理由が見つかる停滞感を防げる方法が見つかるなどのポジティブな側面を理解しやすくなります。

セルフコーチングをしていくと整理力が高まり、閃きやすくなる利点があります。

お互いに向かい合って椅子に座るイメージを作る

★セルフコーチングトレーニング★

1つはコーチの自分席、もう1つはクライアントの自分席。

視覚的にも自分を客観的に見れるように椅子を用意します。

客観的視点で交互にコーチとクライアントの入れ替えがイメージできるようになれば椅子はいらないですね。

テーマやいまについて聴いていく

YUTAコーチの場合は目を閉じてコーチの自分とクライアントの自分のイメージを作っていき、交互に話しかけながら入れ替えていく。役によって口調も変えれるなら、変えてみましょう!よりリアルにセルフコーチングを進める!

コーチ役は『今日はどんなテーマをお持ちになりましたか?』

みたいな感じでセルフコーチングをスタート。

クライアント役は『最近は〇〇があって、〇〇がこんなで、〇〇さんがあーなっていて、その為に自分が・・・あーだから・・・〇〇なのかな・・・』とか『ブログをもっと書きたい!』

〇〇の部分はどれもテーマになるかもしれないし、テーマが具体的ならそこを聴いていく。

ちょっと自分と話し合うだけで、現状の様々なテーマが隠れていそうでしょ。

コーチ役は、『〇〇のどれについて話したい?』と聴いていき、自分の感情に何か気がついたらノートに書いてく

少しずつ聴きながら、少しずつ探索していく。

少しずつ自分と向かい合っていきます。

これからのYUTAコーチ

2020年2月現在のセルフコーチングの方法を書いてみました。

コーチ役とクライアント役に別れてコーチングを進めて、気づきをノートに書く。

仕事や家庭の用事もあるので、時間的にはだいたい10分から15分くらいがちょうど良い。

10分〜15分だと生活していても時間を作りやすいのです。

以前は時間無制限でフセンに思った事を書いていき、A4やA3ノートに貼り付ける事をしていました。

見える化したフセン』を並び替えて、自分の考えている事を知る。しかしフセンは4歳の子供に見つかるとバラバラにされて散らかる弱点がありました(笑)

それでもフセンを使った見える化は面白いから、いつも持ち歩くノートにフセンをセットして、ちょくちょくやっています。

ではでは、今回はセルフコーチングについてお話ししてみました♪

まだまだ100人コーチングを募集しています。

興味がありましたら、ぜひコーチング、コーチでしたら相互コーチングを受けてみてくださいね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました