【自己対話を増やす】セルフコーチングの方法:素直な気持ちでノートに書き出してみる

100人コーチングを始めたYUTAコーチです。

私自身、コーチングを学び、コーチングをしていくことで凄い速さで悩みが解消されていくを実感しています。

どうしてか?

自己対話の回数がコーチングを学ぶ以前よりも増えているからです。

目次

セルフコーチングの方法を紹介

three white ceramic pots with green leaf plants near open notebook with click pen on top
Photo by Ylanite Koppens on Pexels.com

悩みができたら?

自分の悩みをテーマにして可視化してみましょう

時間は10分〜30分ほども書き込んでいく。

最初は思いつくことをなんでも書き込んでいくだけで良いです。

どんどん書き込んでいく。後半になってくると悩みの本質と出会えるかもしれません。

コツは可視化を1回だけで終わりとせず、何度も悩みを書き込む習慣を身につけることで本質を見つけやすい思考になります。

可視化の方法

  • ノートに書き込む
  • Evernoteに書き込む
  • フセンに書き込んで並べ替える

などなどがあります。

素直な気持ちで書き込む

私が悩みにどう向き合っているか?

自分との対話では素直な気持ちで話す。

良い話も嫌な話も本当は秘密にしておきたい話も・・・話せば話すだけ悩みは本質へと近づく思っています。

素直な気持ちをさらけ出す

最初は難しくてもいつかはノーガードで話してみよう

自分との対話では嘘をつかずに素直な気持ちで書き込むようにしてみましょう。

例えば嘘を書いたとしたら『どうして嘘を書きたい気持ちになったんだろう?』『嘘をついてったらこれからどんなことが想像できるだろう?』『つい最近、自分に嘘をついた時はどんな時だったかな?』などを自分との対話で質問していくと新たな発見があると思います。

自分の場合はコーチを信頼して話すようにしています。

  • 対話のどこかで自分の身を守るような
  • 本音を悟られないような
  • 何かを隠そうとすると
  • 自分から本音が出てきにくい

最初は難しいかもしれないけど、できるだけ素直に話す。

もうノーガードでボコボコになるつもりで。

その方が本音と向き合えるから

これからのYUTAコーチ

ブログを書きまくりたい!

どんなことでも良いからコーチングに関わってブログを書いていきたい!

コーチングに活きること、コーチングを続けていく上で振り返りをしたい。

今後もブロガーとしてはよちよち歩きながらもコーチングブログを書き続けていきます!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

YUTAコーチ、二児の父、1984年生まれ。2019年12月にコーチ資格を取得/2021年3月にメンタル心理カウンセラー資格を取得。2020年2月から100人コーチングに挑戦開始、進捗はゆっくりながらも2021年5月86名様98回セッションを達成。趣味はスポーツ。養神館合気道四段、柔道初段、レスリング、ZUMBAダンスなど体を動かして、毎日を楽しんでいます!

コメント

コメントする

目次
閉じる