悪習の良い部分、悪い部分を理解してから改善していきませんか?

目次

近況報告

スキマ時間があったらNLPのテキストを開いてノートに書き込んでいるYUTAコーチです。

学びたかったNLPを学べる環境になり、楽しみながらNLPにある数多くの技術を学習しています。

悪習を改善していく

woman sitting on poolside using laptop
Photo by Vlada Karpovich on Pexels.com

私にはついついYou Tubeを視聴しすぎてしまうという悪習があります。

つい興味が湧いてくるゴシップ動画や歴史アニメーション動画を見てしまうのです。

 今回のブログでは、この悪習の良い部分と悪い部分を書き出して、考え方の改善へ向けていきます。

ノートに情報を書き出して整理していく

  • 私は海外に興味がある
  • 海外の情報を知りたい、観たい
  • 海外の反応を知りたい
  • 動画を見ていると、オススメに同じような動画が表示される
  • 似たような動画が表示されるから、つい視聴してしまう
  • 知らない情報がたくさんある
  • またまた視聴したくなってしまうー!

ノートの書き方は自由に書いてください。

マインドマップ方式で書いたり、思ったことを書いたりするだけでも良いです。

可視化できるように何でも思ったことを書いてみましょう♪

整理して理解することがある

1本が10分−15分の動画を視聴するといつの間にか20分、30分と時間が経ってしまいます。

頭で悪習とわかりながらも視聴を続けてしまうのは

  • 実は求めているから
  • それが楽しいから
  • 欲求が満たされるから
  • 実は望ましい状態になっている

悪習が教えてくれること

悪習をただの悪習で終わらせずに、悪習の中から【なにがそうさせるのか?】というエッセンスを抜き出してみましょう。

自分の中から出てくるエッセンスなので、とても納得感のあるものになります。

悪習が教えてくれる良い部分

  1. 興味があることにはのめり込める
  2. 時間を忘れて視聴できる
  3. 夢中になれる

悪習といえども、じっくりと探索していくと自分にとって良い部分が出てきます。

このプラスになるエッセンスを抽出して、今後に活かせば良いのです。

悪習が教えてくれる悪い部分

  1. 時間を食う(動画1本10−15分)わりに学習した気持ちにならない
  2. 雑学だけど、そうそう使うことの無い、引き出しの奥にしまう内容

さて、悪い部分も出てきました。

いまの悪習では学習した気持ちにならない。それに雑学を学べたとしても、それは引き出しの奥の方にしまう内容です。なかなか使うことがないので、いまのままでは役に立たない情報をインプットしているのだなと理解できました。

改善策を書き出してみよう

良い部分と悪い部分のエッセンスを取り入れて改善策を作っていきましょう。

これからの行動

例えばYou Tubeを視聴するにしても学習ができて実用的な情報ならOKなのです。

海外の情報をインプットしつつ、興味のあるジャンルで学習ができて、すぐに使える動画を視聴するようにします。

この改善策がでて

この改善策が閃いたあとは

  • You Tube登録チャンネルの必要が無いチャンネルは登録を解除しました
  • 今後必要と思われるチャンネルを視聴して、チャンネル登録をしました

雑学的なチャンネルや学習した気持ちにならないチャンネルをバッサバサと解除しました。

ひとり解除祭りでした(笑)

そして必要と思われるチャンネルを登録していきました。何度も視聴するうちに必要ではないと思ったら登録を解除すればよいのです。

さらにもう一言を加えると、月に1回は登録チャンネルリストをバージョンアップして必要の有無を仕分けしていけばOKです。するとあなたの状態に合わせた必要なチャンネルが揃っていきます。

さてと、これからは抽出したエッセンスを利用して必要なチャンネルを残したり、登録したりしていきます。

次回のコーチングジャーニーであなたと再びお会いできることを楽しいにしています♪

ここまでお読みいただきありがとうございました!

-YUTAコーチ-

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

YUTAコーチ、二児の父、1984年生まれ。2019年12月にコーチ資格を取得/2021年3月にメンタル心理カウンセラー資格を取得。2020年2月から100人コーチングに挑戦開始、進捗はゆっくりながらも2021年5月86名様98回セッションを達成。趣味はスポーツ。養神館合気道四段、柔道初段、レスリング、ZUMBAダンスなど体を動かして、毎日を楽しんでいます!

コメント

コメントする

目次
閉じる